実はパン教室を始めたのはもっと以前からなのですが、「ル・サロン・ブラン」という名前をつけて教室としての自覚を持ってやり始めたのがちょうど2000年くらいだったと記憶しています。

 

 

月曜日の「初秋のテーブルコーディネートイベント」では
二つのテーブルをコーディネートさせて戴きました。

「良妻賢母の?テーブル」

「アヴアンギャルディなテーブル」

二重人格というかとではありませんが、

女性として、一人の人間として持っている多面性、いろいろな自分を表現できた。と思いました☺️✨✨

晴れた日もあれば雨の日もあるし、
気分がウキウキすることもあれば落ち込むことも。。

そんな毎日や人生を表せたら。。

今回のイベントではテーブルコーディネートレクチャーだけでなく、これまでの約17年のサロネーゼライフを振り返って

*サロンを始めたきっかけ

*サロネーゼに求められふもの

*これからの目標

など、普段はあまり皆様にお話させて戴くことのないことまでお話させて戴く機会を質疑応答形式でお作り下さいました

拙い話ながら皆様うなずいて聞いて下さり、何か持ち帰って戴けたら嬉しかったです☺️
サロンを続けていて良かったことは、何よりも人との出会い😍素晴らしい生徒さん始め多くの方々との出会いは、自分を成長させてくれるかけがえのない宝物です💎💎💎

 

ご参加下さいました皆様
本当にありがとうございました。

今回の素晴らしい機会を与えてくださいました主催のファンファーレ様、素敵な会場やお料理をご提供下さいましたヴェルミヨンバーグ様に心より感謝申し上げます☺️✨✨

(テーブルコーディネートのご撮影は荒尾千恵子先生にお願いしました。いつもありがとうございます。)